デザインのすきま

時代の隙間に眠っているデザインを呼び起こす

【2017】iMacを選ぶなら今ならこれ!SSDが最強すぎて怖い!

Sponsored Links

スポンサードリンク

iMacの進化は最近すごいですよね。

3年前と比べても性能も全然違うし、本当に速いし快適に作業ができます。

先日iPhoneXや8の発表があったばかりですが、ここで2017年9月現在で、私がお勧めするiMacをご紹介したいと思います。

基本的にはアドビから発売されているイラストレーターCCフォトショップCCが快適に使える環境で、お金のことも考えながら調べて見ました。


画面サイズは21.5インチと27インチどっち?

f:id:sonotanet:20170920172829j:plain

出典:https://goo.gl/NsxDwD

画面サイズは重要ですよ。

21.5インチに慣れている人はそれでもいいんですが、一度27インチを使うともう戻れません。

27インチを使ってから21.5インチを使うと画面が小さくてかなり不便です。

私はもともと21.5インチを使っていましたが、27インチを使ってからはもう戻れません。

27インチを進める理由

  • 画面が大きく使いやすい!
  • 5Kはマジで綺麗!
  • 21.5インチはメモリの増設ができない!

などが挙げられます。

21.5インチはメモリが増設できないいていうのは、Macを注文するときにメモリを増設しないと後からは増設できないってことです。

これかなり不便ですよね。

できればお金が貯まったときや、純正でなくても安いメモリを増設するのが個人的には常識だったのでかなり残念です。

ということで画面の大きさは27インチで決まり!

27インチは後からメモリが増設できるので安心です。


Fusion DriveとSSDってどっちがいいの?

結論から言うと絶対SSDがお勧めです。

SSDとは?

ハードディスクの代わりに使用可能な、数十GB(ギガバイト)に達する大容量のフラッシュメモリーを利用したディスクドライブ。特に、パソコンに内蔵するタイプを指すことが多い。原理的に、ハードディスクを利用するより消費電力が少なく軽量であり、ディスクの回転やヘッドの移動といったハードディスクのような動作時の機械的な動作がないため振動にも強い。

引用:https://goo.gl/UykZ5W

しかも熱を出さないので壊れる心配がほとんどない!

SSDでも容量が256GB、512GB、1TBと3種類ありますが、イラレCCとフォトショCCぐらいだったら256GBで十分です。

音楽や写真が大量にある方は、iTunesや写真の保存先を外付けに設定しておけば全然大丈夫。

しかもこのSSD、かなり速い。

下記はウィンドウズのHDDをSSDに換装した時の数字です。

f:id:sonotanet:20170920172625j:plain

出典:https://goo.gl/h51CHj

これがSSDに換装する前。

f:id:sonotanet:20170920172658j:plain

出典:https://goo.gl/h51CHj

そしてこれが換装後の数字。

どうです?かなり違いますよね。

Macも同様、このくらい違います。

と言うことで、お金のことも考えて選ぶとしたら、この一番左の騎手がおすすめです。

f:id:sonotanet:20170920172722j:plain

出典:https://goo.gl/NsxDwD

そしてメモリは8GB、SSDは256GBで大丈夫です。

 

f:id:sonotanet:20170920172746j:plain

出典:https://goo.gl/NsxDwD

そして金額の合計は¥209,800(税別)となります。

 

個人的にはこれが一番おすすめですかね。

SSDにしたことによって、起動時間、アプリの立ち上げ時間がかなり早くなりました。

そりゃもうストレス「ゼロ」です。

ちなみにこの金額ではキーボードにテンキーはつけていません。

気になる方はテンキー付きのキーボードに変更して見てください。


まとめ

と言うことで今回は「【2017】iMacを選ぶなら今ならこれ!SSDが最強すぎて怖い!」と言う内容でしたが、本当にこれからの時代はSSDです。

しかも今までのインテル搭載のMacならSSDに換装すればバリバリの現役で使えると言うので、機会があったらぜひ試して見てください。

できればiMac proがいいんですが、お金のことも考えた結果、上記の機種が断然おすすめとなりました。

それでも高いですけどね。

今回選んだiMacはちょうど性能的にも値段的にも中間のものです。

他にもたくさんアプリケーションを使う方や動画編集をされる方はもうちょっと上のバージョンがおすすめです。